奈良旅3泊4日その2・信貴山 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし奈良旅3泊4日その2・信貴山

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2018年 11月 30日 (金) 12:01 | 編集
奈良旅3泊4日その1の続きです。

奈良の中心部を徒歩で堪能した後は、
2日目の宿の信貴山へ車で向かいました。
玉蔵院の宿坊に宿泊です。
信貴山が、今回の奈良旅で一番良かったです。
夕食前後に散歩しましたが、
夜は、灯篭に灯がともり、奈良盆地の夜景が綺麗でした。
寅年、寅日、寅の刻に毘沙門天さんが信貴山に出現されたので、
いたるところにトラがあります。

信貴山本堂と張子の虎・夜
大きなトラの張子と本堂

信貴山灯篭
寄進の灯篭

本堂の階段・夕方
本堂の石段

朝は、5:15から浴油堂での護摩焚き、本堂でのご祈祷に参加しました。
うちは無宗教で、仏壇もお墓も持っていないためお寺さんとご縁がないのですが、
信貴山の雰囲気とご祈祷は本当に素晴らしかったです。
お経の声と経本を開く様子がプチオペラみたいで、見応えがあります。
日の出も綺麗でした。

信貴山本堂からの日の出
本堂から眺める日の出

信貴山トラの母子
トラの母子

清浄歓喜団
早朝の浴油堂での護摩焚きに参加すると、チェックアウト時にいただける
清浄歓喜団という珍しいお菓子。
京都の祇園のお菓子屋さんで、一子相伝で作られているそうです。
あとで調べたら1つ500円もします!!

清浄歓喜団
硬くてかじれないので、割って食べます。
中の餡にはお香の材料が練りこまれているようで、
線香味というレビューがありましたがそんなことはなく、
普通に美味しかったです。
高島屋オンラインで購入できるようです。


3日目は法隆寺へ。法隆寺の門ので出会ったボランティアガイドさんの、
岡村さんという方に3時間ほど案内してもらいました。
法隆寺は、取った画像はインターネットへ出してはいけないので画像なしです。
ボランティアガイドさんが、本当に良かったです!!!
法隆寺に行く機会のある方は、お願いしたほうがいいですよ。
美術館の学芸員さんもそうですが、説明が聞けると何倍も楽しめます。
飛鳥時代の仏像の特徴を覚えましたよ。
法隆寺は広いので、所要時間は2時間からだそうです。
昼過ぎには、法隆寺から数百メートルの距離、
工房閑が展示会をやっている鵤楽舎へ。
目の保養になりました♪

そして奈良旅の最終宿泊地の天理市へ。
途中で今井町という古い街並みに寄りましたが、
平日だったせいか空いているお店などもなく、
街全体の一部が整っていますが生活感がかいま見えてこないので、
なんだか残念でした。イベントとかあると違うんだろうけど。

奈良プラザホテルに宿泊して健康ランドでお風呂はいりました。
奈良って、手頃な宿がなかったのでここにしたけれど、
特筆するところはなく、私たち向きではなかったかな。
翌日チェックアウトして、石上神宮へ。
日本でも特に古い神社ということでした。
神様のお使いである鶏がいました。

石上神宮の鶏

そうそう、天理市って天理教の本拠地なんですね。
仏教系かと思いきや、新宗教なのね。
そして天理教関連の建物群にびっくりしました。すごいわ。
昼には天理ラーメンを食べて、奈良を後にしました。
出不精の太郎が、3泊4日の旅に一緒に行ってくれるなんて、
どういう心境の変化だったのか不明ですが、
とても楽しい奈良旅でした。

今回特に良かったもの
ならまち
頭塔
信貴山
法隆寺のボランティアガイドさん

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.