コブシの木の上から見る我が家 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らしコブシの木の上から見る我が家

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2018年 11月 04日 (日) 12:06 | 編集
コブシの木の上から見る我が家
10月21日には氷が張り、
秋というより冬の標高1000mの高原。
今年は日中が特に暖かいので、
外仕事がはかどっています。

剪定中のコブシの木に登って、
我が家を撮りました。
レンズの位置で高さ5.5m位かな。
去年太郎が塗り替えた屋根は、
濃いグレーに見えますが深緑です。

***
トップページ画像を差し替えました。
この屋根の色、モスグリーンが良かったんだけれど、
全然グリーン系に見えません。
フッ素系でつや消しとなると、
好みの色が見つかりませんでした。
艶ありだと色々あるみたいなんですけど、
太郎も私も艶ありのトタンはどうも苦手で。

普通の塗装の塗装のガルバリウム鋼板を、
16年目で塗り替えたわけですが、
今回はフッ素系なので、どれくらい持つのでしょうか。
周囲の家を見ていても、普通の塗装のガルバリウムなら、
15年くらいが塗り替え時期かと思います。
サビが出ると面倒なので、
太郎は再塗装を先延ばしにしないようにしたようです。
私はあと数年はいいんじゃないのと思いましたが、
太郎がやるというならば、あれこれ言わずに、
好きにやってもらった方がスムーズなので(汗)

我が家は自分でのメンテナンスを考慮して、
足場なしで屋根仕事のできるギリギリの、
4寸5分の屋根勾配にしてます。
それでも命綱をつけて、落ちた時のために、
ロープワークの装備をしてやってました。
命綱で命は助かっても、自力で降りられなかったら意味ないからね。

最初で最後の屋根の塗装になるといいけれど。
下塗りは2液のエポキシ系錆止めのSKマイルドボーセイ。
上塗りは、エスケー化研のルーフスターF(フッ素)の、
RC-109のダークグリーン。全く緑に見えないけど?(涙)
上塗りは塗料が余るので、3回塗ったそうです。

色が希望のものではないけれど、
あれこれ言うと喧嘩になって面倒なので、
一切ノータッチで太郎にお任せしました。
いくらかかったのかも知らないので、
今回書くにあたって、太郎にいくらかかったか覚えてる?って聞いたら、
そんな大昔のこと覚えてないって。
えっと、去年の話なんですけど。大昔???(滝汗)


過去記事
屋根塗装の準備
屋根塗装のためのロープワーク

Comment
この記事へのコメント
お久しぶりです!

本当に素敵なお家ですね。
自分たちで建てられて家に住めるってほんとに日本では特に珍しいですよね。

寒くなってきたようなので
風邪を引かないように
気をつけてくださいね♪
2018/ 11/ 08 (木) 03: 40: 06 | URL | 黒猫 # -[ 編集 ]
黒猫さんへ
お久しぶりです〜。コメントありがとうございます。
15年かけて、自分の思ったような雰囲気になってきました。
家が良く出来ても、それ以上に外構が大事だと実感中です。
まだまだ途中ですが。。。

風邪は嫌なので、暖かくして、手洗いうがいの励行に務めます!
今も黒猫ネルが膝の上にいて暖かい♪
2018/ 11/ 09 (金) 07: 46: 43 | URL | Saki # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.