西庭とオルラヤの花 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし西庭とオルラヤの花

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2018年 06月 16日 (土) 12:07 | 編集
オルラヤの花
畑で咲くオルラヤの一群。
数年前に畑の一部に数株植えたオルラヤが、
こぼれ種で増えてたくさん咲いているので、
今時期花のない西庭に移植しました。
直根性なので、移植に不向きだと思うのですが、
失敗しても畑にまだまだたくさんあるのでいいかなと。

リナリアとオルラヤ

ホスタ・リナリア・オルラヤ
西庭で今咲いているのってリナリアくらいで、
背が高くてバランスが悪かったのですが、
オルラヤを植えたらいい感じ♪
来年はこぼれ種で出て来てくれるといいんだけれど。
リナリアはこぼれ種でガンガン出るので、ほとんど抜いてます。
コントロールしないと、他の植物が絶えてしまう勢いです。

バケツに生けたオルラヤ
根が長すぎて移植できなかったものは、
バケツに生けました。

クレマチス・デュランディ
この春に地植えにしたクレマチス・デュランディが3つ咲きました。
誘引せずに、花壇の縁取りの石や枕木に添わせます。

キショウブと石垣
キショウブも咲きました。
このひんやり湿った日陰の感じが好きー。
画像の部分の石垣は、11年前に私が一人で積んだ石垣です。
モルタルを使わない”から積み”でしかも丸い石なので、
かなり難しいのですが、崩れることなく持ってくれてます。
今やれって言われても、できる自信がない(汗)
積み石の下も後ろも、砕石が確か40cmくらいの厚みで入ってます。
そうしないと、凍害(簡単に言うと霜柱)で石が動いてしまって、
崩れやすくなります。

Comment
この記事へのコメント
Sakiさん

オルラヤを移植されたのですね。我が家も今、南庭の一部がオルラヤの海になっています。オルラヤ、強健で増えますよ〜。数年前、1株だけ植えたとは信じられない位の咲きっぷりです。咲き終わって種が出来たら、切って(抜いてもOK)そのまま来年咲いて欲しい所に置いておくと種がこぼれて翌春に芽が出ます。でもそれはそれはすごい勢いなので、ちょっと要注意です。我が家はバラがオルラヤに埋まってしまい、少し生育不良になっているのでそろそろ抜こうと思います。
夏椿のカイガラムシ退治、私も今日、頑張りました。蕾が沢山付いているので喜んでいたら、葉の裏に卵も沢山(_ _).。o○ 手が届く所は相当取れたのですが、高い所は無理で。。毎年、全くどこからやって来るのでしょうね。
2018/ 06/ 16 (土) 23: 38: 26 | URL | Angela # -[ 編集 ]
Angelaさんへ
うちも一株から、畑で花畑になってます。
Angelaさんがやってることと全く同じことを、
西庭のリナリアでやってます。あはは。
放置したら、リナリアとオルラヤの庭になるのね。
なんでこう強靭なんでしょう、ほどほどで良いのに。

ナツツバキのカイガラムシは、はがれかけた樹皮の下と、
主幹から出るような太めの枝の股で冬越ししてます。
今時期も樹皮を剥がすといたりします。
カイガラムシ、放置するとスス病が出るし、困りますよねー。

花の綺麗な園芸種なのに雑草レベルの花のコントロールと、
カイガラムシ対策、お互い頑張りましょう。
2018/ 06/ 17 (日) 13: 45: 31 | URL | Saki # -[ 編集 ]
Sakiさん、

Sakiさんの畑もオルラヤの海なんですね!いやーん、とっくにご承知の事、コメントしちゃいました。ごめんなさい!リナリアも気をつけなくては。我が家は今、野ばらも要注意植物に指定しています。可愛いのですが、どこからでも出てきて、すぐ大きくなるので。
2018/ 06/ 18 (月) 10: 26: 35 | URL | Angela # -[ 編集 ]
Angelaさんへ
花は可愛いですが、扱いとしては雑草ですよね(汗)
これって、わかる人にしかわからない悩みなので、
同士がいてうれしかったです。
うちも野ばらが出てたので、数年前に抜きましたよー。
おそらく、要注意植物は同じだと思います。
他にもリシマキア、フタマタイチゲ、クリーピングタイム。コスモス、 ナルコユリ、アマドコロ、這性フロックス、なども抜いてコントロールしてます。
2018/ 06/ 18 (月) 17: 37: 52 | URL | Saki # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.