庭木の剪定 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし庭木の剪定

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2018年 06月 04日 (月) 12:00 | 編集
冬前にできなかったので、春になってから始めた剪定が全部終わりました。
怪我もなく、虫に刺されることもなく無事終えました。
今時期だとアシナガなんかが巣を作り始めたり、
毛虫がいたりするので、そこそこ注意が必要です。

コブシとアンズの剪定
画像中央・コブシ 植えて13年
3月の終わりに強剪定をしたけれど、
その時は花芽を残すことを優先にしたので、
今回は全体を整えつつ枝を透かしました。
大きくなる木を隣地の境近くに植えたのは大失敗。
かわいそうですが、この大きさを維持するように仕立ててます。

画像左・アンズ 植えて5年
毎年冬に切り戻し剪定していますが幹が太くならずに、
ヒョロヒョロとバランスが悪くなってしまったので、
時期があまり良くないですが、軽く切り戻し&透かし剪定をしました。
冬にがっつりと下の方で強剪定をした方が良いのかもしれない。


ナツツバキの剪定
ナツツバキ 植えて13年
10年間近くカイガラムシに養分を吸われ続けて
木が弱っていたのですが、
2012年からコツコツと手で捕殺し続けて、(過去記事参照
去年まで3年間ほど冬に石灰硫黄合剤を撒いていました。
今年、すっかり元気になって葉がかなり茂ったので、
透かし剪定をしました。


イチイの剪定
イチイ2本 植えて15年くらい
1、2年に1度は刈り込んでいます。
形が綺麗に整ったので、去年剪定をサボったら、
中側の葉が黄色く枯れこんでました。
表面の新緑は美しいので気がつかなかった(汗)
枝が張って、木の下のアヤメやシャクヤクに日が当たっていなかったので、
がっつり剪定しました。
枯れた葉も綺麗に取り除いて風が通るようにしてやりました。
2007北庭
2007年のイチイ しょぼい(笑)


ムクゲの剪定
ムクゲ2本 植えて15年
日陰になる枝が、陽の当たる南側に流れてしまうので、
バランスよく剪定するのが難しい。
大きくしたくないので、小さく仕立ててます。


基本的に葉のない時期に切り戻しや太い枝を落とす強剪定、
葉が茂った頃に透かし剪定をします。
透かしてやらないと蒸れて病害虫が発生しやすいです。
2mの脚立に登って剪定しますが、
ナツツバキの手の届かない高さの枝は、しならせて剪定します。
コブシは届かないので、木に登って剪定します。
イチイは、脚立で届く高さで止めてます。
イチイとコブシは石垣のキワだし、ナツツバキはデッキがあるし、
足元が平らで均一ではないので、脚立の設置が大変です。
くぅー。プロ用の1本足のハシゴが欲しい。

これだけマメに剪定している人ってそうそういないかも(汗)
全く剪定をせずに、高くなってからぶっつり切ると、
みっともないというのもありますし、そもそも太く大きくなると、
途中でぶった切るというのはかなりの大仕事です。
なので、本職に頼まずに自分が管理するには、
こまめに剪定をするのが結局楽な気がします。

剪定って大変ですが、自分で出来るようになると楽しいです。
右も左もわからずに、試行錯誤してきましたがなんとかんなるもんですね。
他の庭仕事もそうですが、植物は喋れないし動けませんが、
はっきり意思表示してきます。
植えた場所や手入れやがまずけりゃ、枯れたり花が咲なかったり。
植物たちが気に入る手入れを適宜すれば、綺麗に育つし元気だし。
これって立派なコミュニケーションのように思えます。
ちゃんと答えてくれるので、ある意味人間より付き合いやすいかも(笑)

Comment
この記事へのコメント
Sakiさん、

剪定、上手ですねー。コブシやナツツバキの樹形が私好みです(^^) 我が家は枯れた枝を落とす程度なのですが、最近、毎年バッサリ剪定するのはニシキギです。隣り合っているミツバツツジ、ヤマツツジ、サラサドウダンが生育旺盛なニシキギに陽の光を遮られているのでバッサリと。でも今年の春は、去年以上に勢いが良く。。これから毎年この繰り返しになりそうです。
Sakiさんみたいにきちんと剪定して樹形を整えている方はそうそう居ないと思いますよ。ブログを読んでは、花も木もお手入れしてくれる人のもとではきちんと成長するのだ、といつも感じています。
2018/ 06/ 06 (水) 17: 11: 23 | URL | Angela # -[ 編集 ]
Angelaさんへ
剪定も、習うより慣れろで、徐々に理屈がわかってきて、
好みの形に仕立てられるようになってきました。

そうなんですよー。バッサリ切ると新たな枝がブワッと出てきて、
大抵は勢いが増します。
枝の切り口の形や、切る位置で、新たな枝の出方が変わってくるので、
私も毎年実験中です。面白いですよ。
ブワッと出たら、今時期に、新たに出た枝を整理する透かし剪定をしてます。

2018/ 06/ 07 (木) 10: 54: 14 | URL | Saki # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.