3月・東の石垣 - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし3月・東の石垣

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2018年 03月 10日 (土) 22:15 | 編集
3月・石垣

標高1000mの高原の3月はまだ冬。
今年の冬は雪は少なかったけど寒かった。
その割に最近は雪ではなく雨が多いし、
強風だったりと天候が読めなくなりました。

それでもまだ氷点下なので、
雨が降っても凍った地面には吸い込まれず、
表面でぐちゃぐちゃとぬかるんで大変です。
画像は、積んで8年が過ぎた東側の石垣。


トップページ画像を差し替えました。
画像にある薪小屋のクレマチスモンタナも、
ブラックベリーのアーチも、そろそろ誘引し直さなくては。

この石垣は、隣地で緑色の鹿よけネットが貼られていたので、
ずっと隠れていました。
畑だったものが売りに出されて、今度家が建つようです。
なので、心置き無くこの石垣を見れるのはほんのいっときです。
隣家の人はこの石垣を眺めて暮らせるのかー。
石フェチとしてはなんだか羨ましい。
積んだ私たち本人は、石垣を眺めて暮らしてるわけじゃないからね。

こういう風景も、自分の家から見て良いかどうかだけではなく、
周囲とのランドスケープ全体を通して、
いい感じかどうか考えて、私が設計してます。
自分の家と庭が、ここの風景を作っているという意識がないと、
自分がいいなと思った土地の風景を壊すことになりますから。

周囲の土地から最大で1.4mほど高いぶん、
家の高さ(柱の長さ)を普通の家より70cmほど抑えてます。
吹き抜けの空間をなるべくボリュームを抑えて、
私にとっての居心地よくしたかったのと、
一番高低差のある北側道路から見た時の、
そびえたつような圧迫感を抑えたかったから。

建前をやってくれた大工さんには、低すぎないかと言われたけれど、
できた家をみて納得してくれました。
部屋の天井が低いわけでもなく、中も外もバランスが取れているので、
柱が短くなってるなんて誰も気がつかないです。
お茶室だって狭くて天井低いけれど、
落ち着くでしょう?
単純に低い高いの数字ではなく、
用途や目的に沿ってバランスを取ることが大事だと思ってます。

この家も高さや屋根勾配を変えた図面いくつも書いて、模型作って、
周囲の風景に馴染むかかなり検討しました。
今も新たに庭に木を1本植えるときも、周囲から見た時の風景を、
必ずチェックします。
ここまで考えるのって、ちょっと変わってるかな(汗)
でも、家を設計するってそう言うことだと思っています。

画像にあるのは5年前に植えた3本のエメラルドですが、
思った以上にいい感じです。と言うかとても愛おしい(笑)
樹種選定にかなり悩みました。
地元で手に入る樹種ってのはやはり限られているので、
これも出会いなんですよねぇ。

Comment
この記事へのコメント
Sakiさん、

この石垣、本当に惚れ惚れする美しさです。我が家は盛り土して建てたので、土留めの石垣があるのですが、もっと大雑把です( ´Д`)y━・~~あの業者さんは美的センスゼロだったに違いない。。周囲との調和を考えながら家を建てるってすごく重要ですよね。我が家は別荘地に建っているのですが、土地を買った時、敷地内の樹木は全て伐採されていました。自分たちで植えた木々は40本以上になりますが、周りの自然と融合しているか悩むところです。せめて生態系を壊さない庭にしたいと肝に銘じているのですが。
2018/ 03/ 15 (木) 23: 02: 13 | URL | Angela # -[ 編集 ]
Angelaさんへ
手積みで、自然石を使ったモルタルを使わない空積みの石垣なので、
今はやってくれる職人さんはあまりいないと思います。
この辺だと、大きな石を、どん、どん、どん、
とクレーンで置くだけの土留めが一般的でしょうか。
あれも迫力あっていいですよね〜。

木に関しては、自然の雑木の林にあるものが、
1本でも植わっているだけでも違うと思います。
コブシとかカエデとか。うちはコブシを植えてます。
うちはまだ庭ができていなくて、重機が入る可能性があるため、
ほとんど木を植えていません。植えられる日がくるのか???
2018/ 03/ 16 (金) 20: 46: 07 | URL | Saki # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.