差し六つ目のざる - ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし差し六つ目のざる

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2012年 06月 26日 (火) 12:00 | 編集
竹ざる

差し六つ目のざるが2点完成しました。直径24cm(8寸)です。
こちらもお嫁に行く予定。
教室で2年目に同じ物を作りましたが、
縁竹やまさ割(枠の部分の加工)は先生が用意した物を使ったので、
その時はそんなに大変じゃなかったのでした。
全部自分でやるとなると、どうしても時間がかかってしまいます。
しかも今回は、その部材の製作中に全部カビてしまったため、
新たに取り直してます。とほほ。

ヒゴを作る時は、ナタ(竹割り包丁)を
自分の方に向けて加工するため、
薄い手袋を怪我防止の意味で着用しているのですが、
まさ割りに関しては、素手でやったら
うまくコントロール出来ました。
まさ割り竹がきちんと均等に割れているかどうかで、
仕上がりの美しさに差が出るので、気がつけて良かった。

そして、今回は太郎の老眼鏡を借りました。
すっごく作業しやすい!いままでどんだけ見えてなかったのやら。
自分用の老眼鏡を作ろう。

この6月で、竹細工教室に通い始めて丸4年になりますが、
(3時間弱×年間20回×4年)
亀の歩みではあるものの、出来なかった事が徐々に
出来るようになってくるのが楽しい。
去年から色々同時進行していた物を仕上げたので、
この3ヶ月の間に全部で5点の竹細工が完成しました。
竹細工コンテンツ参照)
去年は1点しか完成させていないので、今年は数を作りたい。
次はやっと網代編みに入ります。楽しみ。

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.