ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし
2月の雪
*2月 雪*

ふたりで作った在来工法
ほぼセルフビルドの家で、
自分の思い通りにはならない
自然の恵みと厳しさに振り回されながら、
あるものを生かしたり、
自分で作ったりして
試行錯誤・創意工夫の生活を綴ってます。
まだまだつくるものがいっぱい。

標高1000mの高原も2月に入り、
ー10℃〜15℃まで冷えこみますが、
薪ストーブのおかげで家の中は暖かです。
昼間は晴れていれば窓から日が入って、
ストーブなしでも暑いことがあります。

今年は雪が少なめですが、
それでもやはり積もる時は積もります。
気温が高い時は雪が重いので、
雪かきが大変。

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
*はじめに サイトプロフィール*

初めての方はこちらをお読みいただけると幸いです
読み逃げ、過去ログへのコメント、拍手のみも大歓迎です。
リンクフリーですので、どうぞご自由にお持ちください。
 くるみ平は架空の地名で、具体的な居住地は伏せております。
ご協力をよろしくお願いいたします。

このサイトは、コンテンツブログ の2部構成になっています。
コンテンツは、ブログからピックアップしたものを、まとめてあります。

>>サイトプロフィールの続きを読む
【コンテンツ更新情報】
2014.8.7 竹工藝細工にござ目編みの竹籠 追加
2013.12.20 竹工藝細工に米研ぎザル 追加
2013.12.9 暮らしにジビエ・鹿肉料理 追加
2013.8.11 竹工藝細工に網代編みのおむすび入れ 追加
2012.11.16 竹工藝細工に網代編みの小籠 追加
2012.5.2 竹工藝細工に六つ目のバスケット&修理品 追加
2011.9.17 竹工藝細工に亀甲ざる 追加
2010.10.25 竹工藝細工に山鹿かご 追加
2009.9.4 セルフビルドの家コンテンツ>施工の様子 に『セルフビルドの費用 』 追加
2009.7.30 セルフビルドの家コンテンツ>施工の様子 に『現実のセルフビルド 』 追加
2009.7.9 暮らしコンテンツ に『田舎暮らしあれこれ』 追加
2008年9月に楽天ブログから、移行。

■■コンテンツインデックス■■画像やタイトルからそれぞれの目次へ。
セルフビルドの家目次へ

家本体、インテリア、デッキ、雨水タンク、ビオトープ、石垣など、セルフビルドあれこれ。

猫目次へ

のべ6匹猫たちのプロフィールやアルバム、お出かけ日記、動画。現在は黒猫2匹と長毛猫1匹。

暮らし目次へ

極力お金をかけず、直す、作るがモットー。畑、薪ストーブのある半年間は冬の高原での暮らし。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
セルフビルドについて
一応設計事務所勤務経験ありの二級建築士で現場を知っていたため、セルフビルドで家をつくるなんて無理っ!という私と、夢いっぱいの太郎と…修羅場の家づくりだったことを最初にお断りしておきます。家のセルフビルドとなると、内装のリフォームや物置小屋のDIYとは大きく違い、構造の安全性や法規などが重要になってきます。また、つくり始めたら途中で投げ出せない、やり直しがきかないことも多いため、結構キツイです。苦労に見合った満足感は味わえますが、そこへ至るまでには、かな~り遠い道のりでした。
詳しくはコンテンツのセルフビルド施工の『参考になった本』以下の記事や、ブログカテゴリのセルフビルドの現実をのぞいてみてください。
現在は施工に関するエントリーは未公開です。こちらをお読み下さい。
■■ここからブログ■■高原はまるで異国。全然違う暮らしをせざるを得ない~   

セルフビルドやDIYに関するブログ記事は、パスワード制になっております。
こちらの記事にパスワードがありますのでお読みください。
2018年 02月 13日 (火) 12:06 | 編集
完成して2ヶ月もたっていない竹バッグですが、
日に焼く為に吊るしていたら落下しました。
重い中身が入っていた上に当たりどころが悪かったので、
長手の力竹が折れて、短手の力竹の1箇所が、
ヒゴ8本位の網代を破いてしまいました。
幸い作りたてで余りの部材があるので、
この位ならさくっと直せます。
網代の破れは折れたヒゴに上から重ねるので、
薄めのヒゴを用意しました。

荷物を入れるとかなり重くなるため、
力竹が細くてたわみがちょっと気になっていたので、
改善するチャンスでちょうど良い位。
長手の力竹を、幅8.6mmの厚さ1.65mmから、
幅9.5mmの1.9mmにしました。
短手の力竹は、中央寄りに移動させて30分ほどで終了。
力竹はもっと太くても良いかも?
これでどの程度改善されるのか、まぁこれも実験です。
結局、使ってみないとわからないんだよね。

竹バッグ補修後

アフター画像。長手の力竹は一回りサイズアップして、
下短手の左端が刺さっている辺りの網代が破れたのを補修しました。
えーっと、いつものごとくビフォー画像がありません。
自分の意識が一点に向かった時を逃したくないので、
他のことを考える余裕は一切ありません(汗)
折れた力竹を外した所で、あ、写真と思ったけど、
元に戻してまで写真を撮るのも面倒で。
こうして覚書を残しておけば、良いかなと。

私が竹細工を続けられる理由は、補修が苦じゃないからです。
補修が苦になったステンドグラスは、続けてないもん(汗)
何でもそうだと思いますが、
物作りって補修ができてなんぼだと思います。

2018年 02月 09日 (金) 12:45 | 編集
Angelaさんからのコメントで、
鰹節削りについての話題があったので、
我が家で眠っているカンナが勿体無いので、
鰹節の本枯れ節を買ってみました。

太朗のカンナ
カンナがこんなにありますが、これでも一部です。
全部太朗の。
私も木工の技術専門校出ているので、一応はカンナは扱えます。
この中から、國義を使ってみました。
全部太郎のと思ったら、この國義は私のでした。
使わないので太郎に貸していたのです。
刃の感じが好みでこれを今回選びましたが、
私のカンナならさもありなんです。
二十年以上見てなかったので、銘を覚えてなかった(汗)
私、好みの刃がはっきりしているのです。
私にとって、研ぎやすくて扱いやすい感じ。
一昨年田斎で買った小刀も、
刃の感じで選んで削りやすく研ぎやすいです。
これは、技術専門校でいろんな刃物を使ったからです。
なにせ、つかいこなせる技術がないので、
自分でも使える道具を見る目はシビアになりました。


かつお節
鉋をアルコールで拭いてから角材とクランプで固定して、
下に皿を置きました。
箱はいずれ作ってもらうとして、とりあえず。
鰹節って、削る方向が決まってるのね。
にんべんのサイトが参考になりました。
鰹節のプロがこっそり教える削り方

おかかごはん
最初なので、小さな面積でしか削れませんが、
ごはんにのせて、醤油を垂らしました。
うううううう、うまい。
冷奴も食べましたが、美味しすぎて危険。
ちなみにうちは、醤油は岡谷の髙橋醸造の薄口醤油・金露を使ってます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本枯節 雄節雌節セット+ふりかけ1個
価格:2490円(税込、送料無料) (2018/2/9時点)


今回買ってみた本枯節です。
これをわっしゃわっしゃと削り、
だしを取るのって、何だか贅沢で勇気がいるかも。

2018年 02月 08日 (木) 12:32 | 編集
鳥を見る小夏とネル
雨樋に鳥が止まっていて、それを見ている小夏とネル。

ネルと小夏
ネルが枕

最近特に、小夏とネルはよく一緒にいます。
基本的に、ネルは他の猫とくっつくのは好きじゃないのですが、
五郎蔵が亡くなってからは、小夏がひっついてくるので、
すっかり受け入れたみたいです。
追っかけっこもにぎやかで、楽しそう。
ちゃんとネルから誘って遊んでたりするんですよ。
ネルは、今年で16歳のじいさんなのですけどね。

小夏はトパーズにもチョッカイ出しますが、
フーシャーと怒られて、仲良くなれていません。
いつか小夏の想いが伝わるんでしょうか?

2018年 02月 02日 (金) 12:06 | 編集
2月の雪

標高1000mの高原も2月に入り、
ー10℃〜15℃まで冷えこみますが、
薪ストーブのおかげで家の中は暖かです。
昼間は晴れていれば窓から日が入って、
ストーブなしでも暑いことがあります。

今年は雪が少なめですが、
それでもやはり積もる時は積もります。
気温が高い時は雪が重いので、
雪かきが大変。

***
トップページ画像を更新しました。
昨日から今日にかけて、30cmほど積もりました。
雪が止んだ昼前に雪をかき始めたのですが、重いっ。
思ったより気温が高かったのね。
朝からかいとけばよかったー。

2018年 01月 29日 (月) 12:00 | 編集
納豆舐める小夏

小夏が納豆の空容器を舐めています。
ふんふ〜ん♪と鼻歌でも聞こえそうなくらい嬉々として、
容器を咥えて台所に持って行きました。
かわいいーーーー。
チャイもネルも、子猫の頃には同じように納豆好きでした。
彼らは、あんこも食べてたなー。
饅頭なんかを食べてると欲しがるのです。
ある程度大人になると、なぜか興味を示さなくなるので、
子猫って豆が好きなんだろうか。
小夏も今だけかな?

2018年 01月 26日 (金) 12:00 | 編集
太陽光発電計画が、我が家の近隣であるので、
ご近所さんと協力しあって、対策をしています。
富士見町で「町内の太陽光発電事業を考える会」が発足し、
初の勉強会があると新聞で知ったので、
ご近所さんに興味があるようだったらとお知らせしました。
勉強会に行ってみると、主に動いているご近所さんのほとんどがそこにいました。
うちとお隣さんくらいだと思っていたのでびっくり。

我が家の住んでいる場所は、町内会などはありません。
何から何まで、自主的に有志でやっています。
実際の自治会(この辺では区や組)の仕事を垣間見る機会がありましたが、
無駄な仕事が多く、これでは役についた人の負担が大きいです。
都会ならば行政がやるような仕事も、自治会でやっています。
しかも周辺自治会では会費が年間で3万〜6万です。
場所によっては13万円ですってよ。(滝汗)

ここではかかる経費などは今のところ自腹ですが、
お互い様という感じでゆるやかです。
それぞれができる範囲でできることを、という感じです。
そのかわり、市報は届きませんし、ゴミステーションもありません。
市道の雪かきはお金を払って頼みます。
災害時の備えは自分でやるしかありません。
でも、自分が暮らしやすいために、周りの人と協力して、
自ら動くことが本来の自治だと思うので、ちょうど良い感じです。

古い集落の場合、何時代からご近所さんが変わっていないんだろう?
という感じなので、「いままでこれでやってきたから、前例がないから」
と変化や効率化を嫌うのも、ものすご〜く理解できます。
代々そうやって暮らしてきているのだから、ごくごく自然な流れだと思います。

でも、今の現役世代は、増えゆく高齢者を支え、
減りつつある子供たちのための未来の土台について、
考える時期に来ていると思います。
というか、人のためじゃなくて自分のために考えたい。
60代以降の人たちが現役だった頃とは、明らかに時代が違います。
今までのやり方の、お金で解決&行政にお任せでは、継続可能とは思えません。
文句を言ったり期待するだけでは、
行政や政治家が動いてくれると思えないんですよねぇ。
嫌が応にも自ら動いて、できる範囲で助け合うという方法しか、
現実的な選択肢がなくなるんじゃないかなぁ。

実際、私も太郎も、本来は積極的に人に関わるタイプではないので、
近所付き合いは得意なわけではありません。
リアル知人からすれば、信じられないでしょうが本当です。
でも、今は自治に参加したほうが暮らしやすいと自覚しているので、
積極的に関わってます。10年前は、そんなこと考えもしませんでしたよ。
劇的な解決方法があるわけではなく。
その時にできることをやる、ささやかなことをコツコツと積み重ねることで、
将来に対する不安ってかなり減って、すごく生きやすくなりました。

そう考えると、今全国的に問題になっている太陽光発電が、
今後の自治を形成するのには、むしろ良いチャンスかもしれません。
なにせ、身近な問題でありつつ、全国規模でもありますからね。
ただただむやみに反対している人は、恐らく少数という印象なので、
自分の暮らし、子供たちの未来を考えながら、
感情的になることなく、いろんな価値観のすり合わせをして、
落とし所を探る意義はあるのではないかと思っています。

もっとも、売電のシステムがなくなれば、
太陽光発電の普及って、もっと健全に進むと思うんですけどね。
投機目的なので、住民無視、環境無視で進められてしまうことが問題なんですよ。
売電価格が下がったから、太陽光発電建設は減るだろうという見解もありますが、
中国産の資材が安く手に入るので、
広い敷地を使って、安い資材を使うことで採算は取れる、
まだまだ太陽光発電は増えるだろうという話もあります。
規制のかかるような広い敷地を分割(分譲)して、
規制のない50kw未満の小規模な発電設備を多数建設して、
法規制の網をくぐって運用する例も出てきています。
法規制のない小規模な発電設備は、住宅地でも増えてくるでしょう。
本当に、ひとごとじゃすまなくなりつつあるのです。

今回の「町内の太陽光発電事業を考える会」の勉強会に参加して、
いろんな立場の人の意見や経験を聞いて、役に立ちました。
情報の共有というだけでも十分です。
近所の太陽光発電に関して、どうなるかわわかりませんが、
目先のことにとらわれず、長い目で自分たちの暮らしを考えていこうと思います。
実際、そういう意識の人が多かったように思います。
これが、本来の自治じゃないでしょうか。

富士見町の「町内の太陽光発電事業を考える会」については
こちらがわかりやすいかな。
私は町内に住んでいませんが、八ヶ岳山麓で一体となって情報の共有ができると、
いろんな人の意見や考え方を知ることができて、得るものが大きいように思います。

solar
映画ブレードランナー2049の冒頭でのソーラーパネル畑は美しい。
こういう何もない場所で美しいものとしての存在だったら、
夢やロマンがあるんだけどなー。


2018年 01月 23日 (火) 14:49 | 編集
積雪

今シーズン初めてのまともな積雪です。10数cmくらいでしょうか?
そんなに積もっていませんが、雪かきをしました。
どうせ解けるだろうと思いがちですが、とけかけたところで凍って、
スコップが刺さらなくなると最悪なのです。
もしくは、とけかけて重くなった雪をかくのも大変なので、
結局すぐにこまめにが楽なのです。
太郎は出勤してしまうので、雪かきは私の仕事。
ポリカーポネイトのスコップが、軽くて使いやすい。
そして木軸が耐久性があっていいです。
細かいところは、硬いホウキではきます。
特に階段などは、丁寧に雪をはいて取らないと危険です。

※踏み固められて硬く締まった雪は、ポリカスコップは使えません。
アルミの四角いスコップか、
凍ったのを割り進むなら、鉄の先の尖ったスコップかな。
階段が薄く凍った時は、斧で叩き割って取り除きました。
つまり、つもりたての除雪が、一番ラク。





猫の足跡が、庭にぐるっと付いていました。
でっぷりしたシッポの短いサビ猫が最近くるのですが、
その子かな?耳がカットしてあるので、不妊手術済みの地域猫だと思う。
でっぷり感が五郎蔵っぽいので、うちの子にしたいんだけどな。
声をかけても寄ってくることはなく、
デッキから家の中を覗くくらいで、行ってしまいます。
うちの子になるとぬくぬく暮らせるよー。

小夏とネル

2018年 01月 15日 (月) 12:05 | 編集
花豆の煮たやつ

去年は太郎の畑で、花豆が綺麗に実りました。
暮れに土井勝の黒豆レシピで1kg煮て、
瓶に詰めて脱気してあります。
南部鉄の鍋で煮るので、綺麗に黒くなります。

右の小皿は、だしをとった、かつおぶし、昆布、煮干しを、
醤油とみりんで炒め煮にして七味を振ったものです。
酒のあてにぴったりなんですよこれが。

手打ち二八蕎麦

太郎が二八蕎麦を打ってくれました。
普段は十割そばですが、二八も美味しいー。
畑で収穫できた長芋もすりました。きざみのりも別添えであるので、
もりそば、ざるそば、とろろ蕎麦と3つの味を楽しみました。
そば粉は、湖東食品の挽きぐるみで、
小麦粉は北海道の強力粉キタノアカリです。
小麦粉はカンパーニュ用に買っているのしかない(汗)

お蕎麦大好きです。この2週間で7食食べました。
乾麺が2回、太郎手打ち十割蕎麦2回、二八蕎麦2回、
カップ麺の緑のたぬき1回。
外食するなら、駅の立ち食い蕎麦の、
特上かきあげ蕎麦です。確か420円だか430円。
この辺は、お手頃価格で美味しい蕎麦屋が駅そば以外でないので、
太郎に打ってもらって、たっぷり食べます。

妹に、田舎は誘惑や選択肢がないから、
お金を使わなくていいよねーと言われました。
確かに東京に遊びに行くと、外食費がすごいもんなぁ。
美味しくて手頃な店がないから外食はあまりしないし、
足がないからウチ呑みだし、都会ほど食費にお金は使わないけれど、
自分の手間はかなりかかります。
元々、外食や外飲みが好きだったので、
自分でやるしかないんだ、と気持ちを切り替えて腹をくくれるまでは、
かなり時間がかかりましたよ。

蕎麦だって、自分たちの好みで美味い!最高!
って思えるレベルになるまで、何年もかかってるしねー。
途中経過は、蕎麦の打ち方が良くない、かえしがイマイチだ、
とかお互いへの不満でピリピリすることもあったもの(汗)
今は、もう、お互いに文句なしです。

この辺でも別荘族御用達の高い店に行けば、
そこそこ美味しいものが食べられるとは思いますが、
カレーとインド料理食べて少々飲んで、
ふたりで13000円とかですから、よほどじゃないと行けません〜。
高いのわかってたけど、1度くらい行ってみたくて。
蕎麦も、ものすごくお金を出せば美味しい店があるのかもしれませんが、
自分たちで打てるようになったほうが確実(笑)

copyright (C) ほぼセルフビルド*ふたりでつくった家・猫・暮らし all rights reserved.